新聞にて

2010年02月19日
先日、菅原院天満宮が新聞にて紹介していただきました↓

http://mytown.asahi.com/kyoto/news.php?k_id=27000181002150001
posted by すがわらいん at 19:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

産湯の井戸

2010年02月15日
境内北東の位置にある井戸は道真公が誕生時「承和12年・西暦845年」にお使いになられた井戸です。この井戸はその当時{平安時代}のままに残り、現在にいたっており、使用されている周囲の石もこの時代のものです。今日まで1165年が経過いたしております。現在水は湧いておりませんが、水脈はあるので数十メートル掘れば水は以前のように湧き出るそうです。画像 131.jpg
posted by すがわらいん at 22:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南天

2010年02月11日
昨日は暖かい日だったのですが、今日は寒い雨の日でしたね。菅原院の南天は毎年お正月までに鳥に食べられてしまうのですが、今年はまだ残っています。鳥が食べ忘れたのでしょうか?すずめの勢いに負けてしまったのかもしれません。画像 065.jpg
posted by すがわらいん at 21:39 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅花

2010年02月09日
梅の詩人といえば菅原道真。彼は若年のころから晩年の大宰府時代まで数多くの梅花の詩を遺している。道真の文集巻頭を飾る詩{月夜に梅花を見る}は11歳の作で{北野天神縁起絵巻}にも記される。{月の輝くは晴れたる雪の如く梅花は照る星に似たり。憐れむべし金鏡の転じて、庭上に玉房の馨れるを}。{金鏡は丸い月。}{玉房}は白く輝く梅の花ぶさをいう 。  これは京都新聞朝刊の漢語歳時記から引用したものです。
posted by すがわらいん at 22:19 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古布のハガキ

2010年02月08日
菅原院の宮司の父が以前節分が過ぎたらお雛さまを出してもいいと話しをしてもらったのを思いだしました。何でも良く物事を知っている人でしたから何でも聞きました。丁寧に答えてもらったものです。ところで社務所の前には北出さんという方の古布で作ったはがきを置いてます。とてもセンスがいいので、旅行者の方は何枚も買われるのですぐなくなります。今はとても素敵なお雛さまのはがきがでてます。一度見てください。画像 163.jpg画像 150.jpg
posted by すがわらいん at 22:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

装束

2010年02月07日
神職の装束には決まり事があり、大祭には正装、中祭には斎服、小祭には狩衣または淨衣とそれぞれ形も色もちがいます。正装をつける時などは誰かの助けがないと着ることは出来ません。やはり着物を着る人が減ってきているのは残念ですが、女性の着物にも決まり事が沢山あります。着てみると背筋が伸びて気持ちがいいものです。京都の街中でも最近若い方の着物姿が増えました。もっと増えるといいですね。昨日袴姿で奈良から参拝に来られた男性は京都に着物姿で来るととてもいい事が沢山あると聞いてこられたようです。画像 164.jpg
posted by すがわらいん at 22:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪景色

2010年02月06日
今朝の菅原院は真っ白の雪でとても寒かったのですが、空気が澄んでとても気持ちのいい朝でした。昼間も雪の中旅行者の方や合格守りを受けられる方がいつになく多い日でした。神様に届くことを願っています。画像 158.jpg
posted by すがわらいん at 21:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

丑のおみくじ

2010年02月05日
今日も寒い一日でした。寒い中お孫さんが受験に合格しましたとお礼参りに来られました。神社を守る者にとって一番嬉しい言葉です。神様に通じた気がしました。ところで社務所にはとても可愛い丑のおみくじがあります旅行者の方にも人気です。一度挑戦してみてください。画像 079.jpg 
posted by すがわらいん at 21:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合格祈願のお参り

2010年02月04日
菅原院天満宮には毎日色々な受験をされる方がこられますが最近は国家試験の合格の為のお参りの方が増えています。塾の先生なども生徒さんの為に一生懸命です。その姿には心を打つものがあります。合格された方は神様にお礼の報告をお忘れなく。画像 133.jpg
posted by すがわらいん at 22:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

節分

昨日は菅原院でも午後から火焚串、古札などを焼納しました。菅原院の本殿の向かいの建物の扉に昨年から門の上の大きな絵馬を描いていただいている大久保悦子さんの描かれた鬼が毎日お参りに来られる皆さんの邪気を払っています。お参りに来られたら探してみてください。画像 135.jpg
posted by すがわらいん at 09:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すずめ

2010年02月03日
画像 118.jpg
posted by すがわらいん at 17:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すずめ

2010年02月02日
毎朝宮司の朝拝が7時頃からはじまります。その後にお下がりのお米に集まるすずめが多い時で20羽くらいあつまります。警戒心が強いのでなかなかなつきませんが賢いすずめも可愛いものです。
posted by すがわらいん at 22:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  月始祭

2010年02月01日
今日は一日で朝7時から月始祭「月の始まりの祭り」が斉行されました。お昼前から雨が降り寒い一日でした。受験生が風邪をひかれないことを願っています。神社の閉門は8時です。夜の菅原院にもどうぞお参りください。画像 069.jpg
posted by すがわらいん at 22:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日
今日で一月も終わりです。京洛八社集印めぐりの方が雨の中お参りいただいています。受験間近の方々のお参りも多く毎年の事ながら全員が受かればいいなと神社関係者は願っております。この寒さで境内の梅のつぼみはまだ固いですが日々ふくらんできています。
posted by すがわらいん at 22:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月も今日で終わり

posted by すがわらいん at 22:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京洛八社集印めぐり

2010年01月29日
DSCN0955.jpg
posted by すがわらいん at 13:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京洛八社集印めぐり

集印めぐりまだまだ受付ております。皆さんお参りください。閉門は8時です。
posted by すがわらいん at 13:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絵馬に御祈願を・・・

2010年01月26日
DSCN0803.jpgDSCN0962.jpg受験のシーズンもピークを迎え菅原院の参拝者も増えてきた今日この頃です。

道真公の御神徳にあやかり、みな様の合格祈願が叶うと幸いに思います。

posted by すがわらいん at 19:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道真公と梅の関係

2010年01月23日
天満宮の御神紋に梅が使われたり天満宮境内に梅の木が多いのは道真公が梅を愛好されたからです。五歳の時に庭の梅を眺めて
 美しや紅の色なる梅の花阿呼が顔にもつけたくぞある
 
また大宰府へ西下される日
東風吹かば匂いおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ
と詠まれた。
posted by すがわらいん at 21:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神宮大麻と各神社の御神札について

2010年01月22日
なぜ各神社の御神札と神宮大麻を一緒にお祀りするかというと神棚には各神社の神札と神宮大麻をお祀りするのが基本とされます。なぜ一緒にお祀りするかというと私達の家族の安全を祈る為毎日神社へお参りに行けたら理想ですが、なかなか難しいのが現実です。それでいつでも神様の御神徳をいただけるように各神社の御神徳が付与された御神札を家庭や会社などで神棚を設けてお祀りします。神宮大麻は伊勢神宮の内宮にお祀りされている天照大御神様の御神徳が付与された神札です。神話では天照大御神様は生き生きとした力を全ての神様に与える最も尊い神様とされ、伊勢神宮は日本国民の総大神様とも呼ばれ信仰されてきました。つまり各大神様に天照大神様の御新徳をうけられることによって、いっそうその力を発揮していただき、私達が更なるご加護をいただけるよう一緒にお祀りします。
posted by すがわらいん at 21:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする